利用しよう!公共交通機関|ノッてる!えひめ
ノッてる!えひめ
HOME > 利用しよう!公共交通機関

利用しよう!公共交通機関

自転車と公共交通機関を組み合わせれば、遠出も簡単に楽しめる。
いつもと違う風景を、My 自転車に乗って存分に満喫しよう!

 

cycle-tit1

 

公共の交通機関に自転車を持ち込む際には、基本的に自転車を分解して専用の袋に収納しなければならない。ただし、サイクルトレインでは自転車を分解することなく、そのまま持ち込んで乗車OK。運行対象外の列車があるので、利用時は要確認。乗車時は周囲の乗客の迷惑にならないように。

JR予土線サイクルトレイン(混乗試験)

運行日 2023年2月26日(日)までの土・日・祝日
※年末年始期間(12月28日~1月4日)は除く
列車数 2022年3月19日(土)~2023年2月26日(日)までの土・日・祝日
※全列車を対象
乗降車駅 宇和島駅~窪川駅間の各駅 ※北宇和島駅と若井駅は除きます
定員 1便につき5名(5台)まで ※先着順、事前予約不要
※ただし車内の混み具合によって持ち込みできない場合があります
利用料金 運賃のみ ※自転車の持ち込み料金は不要
問い合わせ 四国旅客鉄道株式会社  四国家連携部 ☎087-825-1618

JR予讃線「えひめ・しまなみリンリントレイン」(実証実験)

運行日 2022年3月19日(土)~ 2023年2月26日(日)までの土・日・祝日
運行路線 予讃線(松山駅~伊予西条駅)
列車数 22本/日(上り10本、下り12本)
乗降車駅 松山駅、三津浜駅、伊予北条駅、波止浜駅、今治駅、壬生川駅、伊予西条駅7駅)
定員 2両編成=5台まで、3両編成=7台まで、4両編成=10台まで
※ただし車内の混み具合によって持ち込みできない場合があります
利用料金 運賃のみ ※自転車の持ち込み料金は不要
詳細 詳細については、JR四国ホームページをご覧ください。

rinrin cycle_train01 cycle_train02

 

伊予鉄道郊外電車

運行日 伊予鉄道郊外電車全線で土・日曜日・祝日
乗降車駅 伊予鉄道郊外電車全線(大手町駅、石手川公園駅、鷹ノ子駅は除きます)
定員 1列車につき10名(10台)まで ※先着順、予約不可
利用料金 サイクルトレイン利用券300円 ※別途、乗車区間分の運賃が必要
問い合わせ 伊予鉄道運輸課 ☎089-948-3323
詳細 詳細については、伊予鉄道ホームページをご覧ください。

cycle-tit2

伊予鉄道 サイクルバス

バス前方に自転車を積載するスタイル。

運行経路 松山~三崎特急線(松山市駅~八幡浜~三崎)
面河線(久万営業所~面河~石鎚土小屋)
※面河線は4/1~11/30の土・日曜、祝日のみ運行
定員 1台につき2名(2台)まで
利用料金 自転車1台300円 ※別途、乗車運賃が必要
問い合わせ (松山~三崎特急線)伊予鉄南予バス八幡浜営業所 ☎0894-22-3200
(面河線)伊予鉄南予バス久万営業所 ☎0892-21-0018
詳細 詳細については、伊予鉄道ホームページ(電車・バス情報)をご覧ください。

cycle_bus

 

ジェイアール四国バス サイクルバス

取扱便の特定バス停でのみ、車内に積載するスタイル。

運行経路

久万高原線(松山駅~久万高原)
※そのまま自転車を積載できる便は上り・下りとも始発便、2便以外
  松山駅と久万高原駅からのみ乗車可能、降車は全バス停で可能
※輪行袋に収納した自転車の場合は、全バス停で乗降可能

利用料金 自転車1台100円 ※別途、乗車運賃が必要
問い合わせ ジェイアール四国バス松山支店 ☎089-943-5015
詳細 詳細については、JR四国バスホームページをご覧ください。

ジェイアール四国バス 輪行袋対応高速バス

輪行袋に収納した自転車をトランクルームに積載できます。

運行経路

なんごくエクスプレス号(松山~高知)

利用料金 自転車1台300円 ※別途、乗車運賃が必要
問い合わせ ジェイアール四国バス松山支店 ☎089-943-5015
詳細 詳細については、JR四国バスホームページをご覧ください。

 

142
詳しい情報は、下記ホームページをご覧ください。

banner

Copyright © Cyclingood Days All rights Reserved.