Let's Start Cycling Life ① E-BIKE is fun! | ノッてる!えひめ|えひめの自転車ポータルサイト
ノッてる!えひめ
HOME > Let’s Start Cycling Life ① E-BIKE is fun!

Let’s Start Cycling Life ① E-BIKE is fun!

title_short

教えてくれたのは・・・

kanesige-san

ジャイアントストア今治
店長 重兼さん

E-BIKEをもっと身近に もっと素敵にしたい。

「E-BIKE」とは、電動アシストが付いたスポーツバイクです。従来のスポーツバイクに比べ、約20kgと重い分、ふらつきがなく、すっと楽に発進できます。スムーズな漕ぎ出しとパワフルなアシストで長距離サイクリングにもオススメです。より坂道もスイスイ走れるので、カップルやご夫婦で感じられていた男女の体力差も解消され、一定のペースで走れるのでサイクリングのスケジュールが立てやすいのも魅力なんです。一充電あたりスポーツモードなら最大90kmまで走行できるので、一日の旅を余裕で過ごせます。上り坂は軽快に、向かい風は心地よく、目に飛び込む景色は美しい―。そんな気持ちよさを体感しながらサイクリングを楽しんでください。

はじめてのサイクリング

STEP:1 身長に合ったバイクをセレクト

step1-gazo

身長に適したバイクを選び、漕ぎやすいサドルの高さに合わせよう。ペダルを一番下にして、かかとをのせる。この時、膝に少しゆとりがあるくらいのサドルの高さを基準に。停車時の足つきの良さに合わせて微調整をしよう。

STEP:2 姿勢・乗り方がポイント

step2-gazo

目線を遠くし(3~4m先を見る)、上半身をリラックスさせることがふらつかないコツ。ブレーキの効きやギヤチェンジの方法、アシストの強さなど確認しておくと、スタート後も気持ちに余裕ができる。スタート前には車通りの少ない場所で少し練習してみよう。

STEP:3 通行には十分な注意を払って

step3-gazo

スピードの出やすい下り坂では安全な速度を心がけよう。自転車も軽車両に分類され、車の仲間になる。車両を運転している自覚を持ち、道交法に従って安全に走行しよう。

 STEP:4 こまめな水分・栄養補給を

step4-gazo

サイクリング中は、身体の水分が蒸発していくためペットボトルなど水分の携帯は必須。こまめな水分補給やエネルギー補給にも気を配りたい。また、バイクを駐車する場合、周りの人の迷惑にならないよう十分な配慮が必要。

STEP:5 走行距離で達成感を味わえる

step5-gazo

何キロ走ったか確認ができる「サイクルコンピューター」を搭載。平均速度、走行距離、走行時間など詳細に把握できるので達成感が味わえ、次のライド計画も立てやすい。

 

h1-2

 

 

E-BIKEaction

 

 

愛媛県では、2019年7月からしまなみ海道で、「E-BIKE」の魅力を発信するプロジェクト『E-BIKEアクションしまなみ』を始動しましたが、2020年度もより多くの方にE-BIKEの魅力を知っていただくために『E-BIKEアクション』プロジェクトを愛媛県内全域に拡大し、E-BIKE普及活動を行います。E-BIKEの普及活動を行う事業者とともに、レンタサイクル、サイクリングツアーや体験イベントなど、E-BIKEの魅力発信を今まで以上に広域にわたって実施していきます。

詳しくは、HP(https://e-bike-action.com/)をチェック!

Copyright © Cyclingood Days All rights Reserved.